借金をする理由

借金返済のために風俗店で働く女性も決して少なくはありません。むしろこの理由で風俗店で働き始める女性も多いのではないでしょうか。やはりどんな理由であれ、借金をしているというのは胸を張れるものでもありません。そこで、人が借金をする理由にはどういったことがあるのか気になるところでもあります。たとえば、「住宅ローン」、「クレジットカード」、「自動車ローン」、「消費者金融」、「キャッシングローン」、「事業用の融資」などなどが挙げられてきます。どんな名目の借金であろうが、どこかからお金を借りているということに変わりはないのです。もちろん、家や車などの高額商品を買う際のローンやクレジットカードでの支払いも借金であり、中小企業から大企業まで事業をされている会社は融資という形で借金をしています。こうして何らかの方法で日本の国民の3人に1人は借金をしているという割合になるのです。その中で、最もダークなイメージがあるのが「消費者金融」からの借金となります。ある統計を見ますと、実際に約20人に1人の割合で消費者金融から借金をしており、1人あたりの金額は約45万円程度だそうです。後、消費者金融を利用している人の多くが20代だというデータがあります。では、どのような人が消費者金融を利用するのでしょうか。

派遣社員や契約社員で働く非正規雇用の人の多くは、正規雇用で働く人よりも給料が少ない傾向にあり、さらに20代はアルバイトで生計を立てている人もたくさんいるということから消費者金融を利用することになるのです。次に、学生時代に借りていた「奨学金制度」というものがありますが、これに関してもれっきとした借金となります。大学に行くお金がない場合、日本では「奨学金」という融資制度が設けられていますが、安易に利用すると大きな借金を抱えてしまう恐れがあるのです。ちなみに、この奨学金制度には2つ種類に分けられています。
まず1つ目は、成績優秀者などの一部の人間だけが受けられる「第一種」というものです。そして、それ以外の人が受けられる「第二種」と分けられているのです。ちなみに、第一種の奨学金は無利息で借りられますので何の問題はないのですが、多くの人は第二種での融資を受けることになり、およそ650万円の借金をおよそ20年かけて返済していくとになるのです。月々の返済金額も25000円程で、この第二種の奨学金を利用した学生が非正規雇用の労働者の場合となれば毎月の返済はかなり厳しいものとなります。これらが借金をしてしまう大体の理由となり、それを返済するとなった際、女性であれば風俗店で働いて一気に返済しようと思うのも当然の考えでもあるのです。