ホスト遊びには注意

風俗嬢イコール「ホスト遊び」というのは、一般的の認識としては根強く存在しています。やはり、ホスト遊びにハマってしまい借金が増えてしまった、というのはある意味風俗嬢の「あるある」になるのかもしれません。風俗嬢やキャバクラ嬢といった職業の女性は、少なからず「女性」を売るお仕事になります。お客様も性欲なりストレスの矛先を彼女たちに向ける傾向がありますので、精神的に参ってしまう女性も少なくはないのです。そういった癒しの場とされるのが「ホスト」というお店になります。風俗店で働く前からホストクラブを知っているという女性ももちろんいますが、多くの風俗嬢の場合は同僚の風俗嬢からストレス発散としてホストを紹介される場合が多いようです。ルックスも含め、その褒め殺しに近いホストの攻撃にまんまと乗せられる風俗嬢は少なくはないのです。優しい、褒めてくれる、応援してくれる、というのは当然のように癒しになるのですが、その反面は甘い罠でもあるということです。そういったホストたちに乗せられた後に待ち受けているのが、ホストからの「ノルマがあるので協力してほしい」という言葉になります。その協力というのは、ただただお店に顔を出すだけで済めば風俗嬢というお仕事をしなくてもいいです。
やはりそれだけで済むわけでもなく、売上のノルマが足らないということで飲みたくもないシャンパンなどを空けさせられてしまうのです。ホストクラブは「ツケ」ができるシステムのお店も多く、ツケの制度を利用してまでホストに貢ぐ女性もかなり多く存在してくるのです。

ただ、上記のようなホスト遊びで作った借金というのは、少なからず自分も楽しめているのでまだ自業自得だけで済まされます。しかし、自分が作ってもいない借金の返済のために風俗で働かざるを得なくなった女性も実際にはいます。たとえば、親や身近な人の借金の返済を肩代わりしているケースというのがあります。この場合、その女性本人はいたって真面目で、金銭感覚も一般的でもあるのです。親や親戚などの「事業の失敗」や「ギャンブル」、「株取引」や「FXでの損失」、さらには「詐欺などの被害」を工面しようと努力している女性も少なからずいるのです。このような女性の場合、借金が理由で働いているとしても目標金額を稼ぐと同時にお店も辞めて、辞めた後も風俗嬢だったという過去を微塵も出さずに生活を送っている場合が多いような気もします。

風俗店で働くメリット

借金返済を大きな目的として風俗店で働き始める女性も少なくはありません。ちなみに、借金の中で一番多いとされている借入の種類に「クレジットカード」というものがあります。クレジットカードは日常的に使われている支払いの方法であり、リボ払いは金利がかかってしまうのでローンの一種となるのです。また、クレジットカードにはショッピング枠の他に、キャッシング枠が付いているものもあり、提携ATMからキャッシングの枠内であれば現金が自由に引き出すことができるのです。これが一番の借金となる落とし穴でもあるのです。女性というのは基本的にショッピングが大好きであります。このクレジットカードは、物欲の高い女性には危険なカードともなってきます。限度額であれば好きなだけカードで買い物をし次のお給料で返済することになるのですが、その返済額でお給料のほとんどが消えてしまうといった人も少なからず存在してくるのです。そうなれば生活ができませんので、そこからキャッシングでお金を引き出し、そして次のお給料では返済額が足らなくなるといったことに陥りやすいとされています。ちなみに、借金返済の目的で風俗店で働く女性の一番の理由がこれではないかと思われます。そもそも、自己破産という選択肢はなくもありません。ですが、高収入である風俗のお仕事で働いて返済していくほうが、その後の人生の為にも現実的でメリットも大きいはずなのです。

≪関連リンク≫十三店のご案内 | 大阪の風俗求人サイト【熟女家】

風俗のお仕事をしている女性は様々な悩みを抱えています。そのことは実際に風俗のお店で働くスタッフは百も承知ですので、そういった女性のケアやサポートをしっかりやってくれますし、一般のお昼の仕事よりも理解があるのです。それが借金返済を目的とする女性が風俗で働く最大のメリットではないかと思われます。そこで、風俗のお仕事も様々なのですが、一番手っ取り早いとなればお給料の単価が高い「ソープランド」いいのではないでしょうか。ソープランドはお店のランクやグレードもありますが、ある程度のテクニックが必要でありマットプレイなどもあるため、普通の風俗店よりも仕事がハードなのでお給料も高額になります。また、ソープランドのお仕事は技術的な面がすごく向上しますので、容姿はあまり関係なく、テクニックや気遣いの面が評価されればそのまま指名や給料に反映されます。待遇はお店によって違いますので、お店を良くリサーチして働きやすく稼げるお店を探していくことが借金返済の一番の近道でもあるのです。

借金をする理由

借金返済のために風俗店で働く女性も決して少なくはありません。むしろこの理由で風俗店で働き始める女性も多いのではないでしょうか。やはりどんな理由であれ、借金をしているというのは胸を張れるものでもありません。そこで、人が借金をする理由にはどういったことがあるのか気になるところでもあります。たとえば、「住宅ローン」、「クレジットカード」、「自動車ローン」、「消費者金融」、「キャッシングローン」、「事業用の融資」などなどが挙げられてきます。どんな名目の借金であろうが、どこかからお金を借りているということに変わりはないのです。もちろん、家や車などの高額商品を買う際のローンやクレジットカードでの支払いも借金であり、中小企業から大企業まで事業をされている会社は融資という形で借金をしています。こうして何らかの方法で日本の国民の3人に1人は借金をしているという割合になるのです。その中で、最もダークなイメージがあるのが「消費者金融」からの借金となります。ある統計を見ますと、実際に約20人に1人の割合で消費者金融から借金をしており、1人あたりの金額は約45万円程度だそうです。後、消費者金融を利用している人の多くが20代だというデータがあります。では、どのような人が消費者金融を利用するのでしょうか。

派遣社員や契約社員で働く非正規雇用の人の多くは、正規雇用で働く人よりも給料が少ない傾向にあり、さらに20代はアルバイトで生計を立てている人もたくさんいるということから消費者金融を利用することになるのです。次に、学生時代に借りていた「奨学金制度」というものがありますが、これに関してもれっきとした借金となります。大学に行くお金がない場合、日本では「奨学金」という融資制度が設けられていますが、安易に利用すると大きな借金を抱えてしまう恐れがあるのです。ちなみに、この奨学金制度には2つ種類に分けられています。
まず1つ目は、成績優秀者などの一部の人間だけが受けられる「第一種」というものです。そして、それ以外の人が受けられる「第二種」と分けられているのです。ちなみに、第一種の奨学金は無利息で借りられますので何の問題はないのですが、多くの人は第二種での融資を受けることになり、およそ650万円の借金をおよそ20年かけて返済していくとになるのです。月々の返済金額も25000円程で、この第二種の奨学金を利用した学生が非正規雇用の労働者の場合となれば毎月の返済はかなり厳しいものとなります。これらが借金をしてしまう大体の理由となり、それを返済するとなった際、女性であれば風俗店で働いて一気に返済しようと思うのも当然の考えでもあるのです。